だら~んと今日も乾杯ごはん

今日の晩ごはんの風景。コスパのよいヘルシーなごはんを目指してあれこれ考えながら作りました。おすすめの食べものや日常などもつぶやいています。

家で作ってもモチモチの大根もちになる

今日の消費したい食材を使って

 今日は、賞味期限2日切れのベーコンと冷蔵庫で眠ってた大根を使いたいと思います。

真空パックのベーコンですが、こんなのってどれくらいで腐るのだろうか・・・。お肉なら賞味期限日を過ぎたら、変色しているのが目で見て明らかにわかるでしょう。でも、ウインナーとかベーコンとかは変色したのを見たことがないです。何らかの状態の変化がなくても賞味期限4日切れぐらいで処分かな~。

大根は、日持ちしそうですが実際はそうでもなく、触ってみたら表面が何ミリか中まで柔らかくなってきているのがわかります。これは早く使わないと・・・ということで、とりあえず厚めに皮を剝いて新鮮さを復活させました。

ベーコン、大根、ネギもあるので、以前から作りたかった大根もちを作ります。お店で食べるものリストから家で作るものになるかな?

大根もち

冷めても美味しいヘルシー大根もちを作ります

材料
  • 大根     200g
  • 白ネギ    1/2本
  • ベーコン   80g
  • 油揚げ    15g
  • 薄力粉    40g
  • 片栗粉    40g
  • ごま油   
作り方
  1. 白ネギ・ベーコン・油揚げを細かく切る
  2. 大根を2/3ほどおろし、残りはみじん切りにする
  3. ①と②と薄力粉・片栗粉を混ぜ合わせる
  4. ③を食べやすい大きさに成形する
  5. フライパンに油を入れて、④を焼く

f:id:sprout09:20181225175910j:plain

ベーコン・白ネギ・油揚げを細かく切ります

f:id:sprout09:20181227132045j:plain

大根を2/3ほどすりおろします

f:id:sprout09:20181227132240j:plain

2/3すりおろし、1/3細かく切ります。すりおろして水分を少し切るとみじん切りにしたほうが多い感じになりました。

f:id:sprout09:20181227132342j:plain

みじん切りした具材と薄力粉・片栗粉を混ぜ合わせます

f:id:sprout09:20181227134248j:plain

 食べやすい大きさにまるめます。どっしりしています。

f:id:sprout09:20181227134431j:plain

ごま油がなかったので米油を使いました。油は少々多めのほうがいいです。この写真撮りのあと、油をたしました

f:id:sprout09:20181227165727j:plain

3分ほど焼いてひっくり返しました。

f:id:sprout09:20181227170013j:plain

できあがりました。

f:id:sprout09:20181227170253j:plain

大根もち、少しまるくまるめた時のカタチが崩れてしまいました(フライパンでギュウギュウ詰めで焼いたからです。普通はこんな歪じゃありません)が、食感はもちもち感たっぷりで味わうことできました。

大根はおろすのときざむの両方を入れるのがバランス的にいいです。あっ、油揚げもいい仕事してます。こちらはカリッとした食感です。あと急いでいて干しエビが冷凍庫にあったのを入れようと思ってたのに忘れたのは残念でした・・・。また大根もちは簡単なのでもっと違った食材を入れて作ってみようと思います。

お店で食べるものリストから家で作るもののリストに大根もちが加わりました。手作りの醍醐味はヘルシーに作れることなので、あえて大根もち自体に味付けはしませんでした。それ以外、食感はお店と一緒だと・・・私の舌は思います。

では、ポン酢でいただきます。

今日の晩ごはん

  • 牡蠣と生姜の野菜炒め
  • サラダ?
  • きんぴらごぼう
  • 大根もち

牡蠣と生姜の野菜炒めにも例のベーコンを使いました。3連パックを買っていていました。コスパ的にはいいのですが、使う機を逃してしまいます。冷蔵庫に入っているのはわかっているのですがスルーしてしまう・・・そして賞味期限がきてしまうなんて、私のあるあるパターンです。

だら~んと日記

明日はジムに行きます。年内最終日なので、記録に挑戦する予定なのに・・・。なのになのに、今日に限って賞味期限切れのベーコンと、あたるかもしれない牡蠣(賞味期限当日)なんかを晩ごはんの食材にしてしまったけれど、お腹大丈夫かな~。とりあえずぐっすり眠りたい・・・。

f:id:sprout09:20181227170400j:plain

お読みいただいてありがとうございました。