だら~んと今日も乾杯ごはん

家にある食材でコスパのいい簡単なヘルシー料理をあーだこーだつぶやきながら作ります。料理に時間をかけないぶん、ごはんをだら~んとゆっくりいただきます。

炒めものを牛こまで作る。牛こまの粒マスタード炒め

今日の消費したい食材でのレシピ

今日のいちばん消費したい食材は、「牛こま肉」です。

牛や豚小間切れ肉を買うなら、同じような価格の鶏のムネ肉・ささみに手がのびている私です。私にとっては使いづらい食材です。炒めものしか思い浮かばないっていうのと、パックされている見た目と中身が違うことが何度かありました。パックの表面は赤身だったけど、それは表面だけで中身は脂身のほうが多かったりと。まったく脂身がないとは思ってはいないけれど、脂身の塊?見たら、ぞっとします。私はお肉の脂身は美味しさというよりも健康の敵みたいな感覚なのでそう思ってしまいます。脂身がまったくないのも味気はないとは思うけど、お肉の脂身はほんのちょっとでいいのです。

では、牛こまの粒マスタード炒めを作ります。

牛こまの粒マスタード炒め

調味料は合わせて準備して炒めるだけです

材料

牛小間切れ肉     120g

玉ねぎ        1個

ピーマン       1個

ちくわ        2本

粒マスタード     大さじ2

料理酒        小さじ4

醤油         小さじ2

作り方
  1. 玉ねぎ・ピーマン・ちくわを切る
  2. 粒マスタード・料理酒・醤油を混ぜ合わせる
  3. 牛こまを炒め、玉ねぎ・ピーマンを炒める
  4. 最後にちくわと②の調味液を炒めからめる

f:id:sprout09:20181112183534j:plain

 玉ねぎ・ピーマン・ちくわを切ります。ちくわは短冊切りにしました。

f:id:sprout09:20181112183750j:plain

 粒マスタード・料理酒・醤油を混ぜておきます

f:id:sprout09:20181112183923j:plain

牛こまの脂で焼きます。ブレてしまいました・・・

f:id:sprout09:20181112183954j:plain

 牛こまが炒まる前に玉ねぎピーマンを入れて炒めます。またブレました・・・さっきよりはマシ???

f:id:sprout09:20181112184032j:plain

 最後にちくわ・調味液を入れてさっと炒めます。ようやくブレがおさまりました!粒マスタードの粒も撮れています

f:id:sprout09:20181112184105j:plain

 できあがりました

f:id:sprout09:20181112185203j:plain

牛こまの粒マスタード炒め。少し酸味の効いた炒めものです。今までに食べたことのない炒めものの味です。焼肉のたれとかの市販のたれにない味というか。和風?中華風?洋風?イタリアン風?どれにも属さない味です。でも、この味が美味しかったのです。このレシピたれで2回目になります。ちくわについては、諸事情のために入れてみました。ちくわって炒め物にも合うのですね。実はちくわは消費期限切れで、ちくわが一番消費したかったとも言えます。あと、粒マスタードの粒粒がよかったです。 

今日の晩ごはん

  • 牛こまの粒マスタード炒め
  • おから
  • かぼちゃ煮物
  • 小松菜の胡麻和え

今日も無難に野菜を意識した晩ごはんになりました。数年前だったら、おからとかぼちゃ煮と小松菜胡麻和えを同時に食べることはなかったです(笑)飲みに行っておばんざいセットみたいなものを注文するなんて考えられませんでした。それをわざわざ家で作るようになるなんて、人って変わります。そして作りだすと、塩分とか砂糖とかも気になりだして、ヘルシー志向の芽がでてきました。食事に気をつかっていても、冷え性改善されず・・・。

f:id:sprout09:20181112185306j:plain

お読みいただいてありがとうございました。