だら~んと今日も乾杯ごはん

家にある食材でコスパのいい簡単なヘルシー料理をあーだこーだつぶやきながら作ります。料理に時間をかけないぶん、ごはんをだら~んとゆっくりいただきます。

余った麺つゆで夏野菜の煮浸し

麺つゆの消費

私は、いちいち調味料を測ったりするのが面倒なこともあり「かえし」を作っていて、それを使って「麺つゆ」も作っていました。でも普通の料理をするようになったら「かえし」が不便になり生産を中止しました(大袈裟だけど・・)。麺つゆって開けてしまうと日持ちがしないことに気づき、できるだけそうめんアレンジをしている時は、麺つゆを使いません。でも、普通に食べようとするときは麺つゆがいるし、そんなに立て続けに麺ばっかり食べれないので、どうしても腐らせてしまう(たぶん腐っているだろう)ので麺を食べること以外の使い道はということで「煮浸し」を作ってみることにしました。日持ちもする(お酢もいれたので、たぶん・・・)ので、いいサブのおかずになりそうです。

夏野菜の煮浸し

余った麺つゆで5分煮こむだけです

材料
  • ナス       4本
  • パプリカ     1個
  • みょうが     適量
  • めんつゆ     300ml
  • 水        300ml
  • 砂糖       小さじ3
  • オリーブ油    大さじ4
  • お酢       大さじ3 
作り方
  1. 野菜を切る。ナスは皮をむき、灰汁をぬく
  2. ①をオリーブ油で炒める
  3. めんつゆ・水・砂糖・お酢を入れて5分煮る
  4. ③の粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす

f:id:sprout09:20180816100002j:plain

野菜を切ります。ナスは水の入ったボールにつけておきます。

f:id:sprout09:20180816100221j:plain

今回はナスの皮をむくので、余った皮も水につけておきます。(ナスの皮に栄養があるので捨てずに煮浸しを作ってから炒めものを作ります←でも、大根の皮とかは、あっさり捨ててしまうんですよ。もともとがecoじゃないです) 

f:id:sprout09:20180816100405j:plain

 オリーブ油で炒めていきます

f:id:sprout09:20180816100444j:plain

麺つゆ・ 水・砂糖・お酢を入れて5分ほど煮込みます

f:id:sprout09:20180816100533j:plain

冷蔵庫で冷やします 

f:id:sprout09:20180816100610j:plain

できあがりました

f:id:sprout09:20180816100749j:plain

 しょうがをのせていただきます。多めにお酢をいれましたがそんなに酸っぱくありません。漬けているつゆの油はギトギトに見えますが、取ったほうがいいオリーブ油なので安心、それに盛って食べると油は感じません。とっても簡単にできました。麺つゆとかを入れたら、もう様子を見ることも何もしなくていいからその間に片付けもできます。フライパンが空いたら、さっきのナスの皮とパプリカのヘタ部分などにベーコンを足して炒めました。味付けは、この出汁とウスターソースの半々の分量です。

今日のおうちごはん

おしながき
  • ズッキーニの肉詰めトマトソース
  • キュウリ
  • ナスの皮のベーコン炒め
  • 夏野菜の煮浸し

以前作ったズッキーニのミンチ肉詰めカレーソースをトマトソース版で作りました。今回はミンチの上に海老(たまたま冷蔵庫にあった)をのせてみました。私が近日中に2回も作るということはとってもコスパのいい料理だということです。なんの抵抗(めんどくさがらずに)もなく作ったので、きっとそんなところだと思います。この食べ方はズッキーニのそのままの味と食感がいいです。

ナスの皮のベーコン炒めは、ナスの皮の麺という感じです。不思議な食感に相性のいいベーコンとウスターソースです。見た目よりも美味しいです。

f:id:sprout09:20180816100945j:plain

今日もお読みいただいてありがとうございました。