だら~んと今日も乾杯ごはん

ごはんを食べながらだら~んとする時間が至福のひととき。最近ごはん作りに目覚めました。でも、私が作る料理は誰でも作れる「普通のごはん」です。キラキラした素敵な料理は作れません。ごはんを作りながらの事、食べた感想などの雑感を思ったままつぶやきます。

魚肉ソーセージがメインになる、魚肉ソーセージと大豆もやしの春巻き

春巻きの皮

恐るべし「春巻きの皮」となりました。初めて調理した(買った)のですが、「春巻きの皮」って、餃子の皮のようにペロッと1枚ずつめくれないことを知りました。

春巻きの皮の取り扱い

パッケージ裏を見てみると15分ぐらい常温に戻して使用してくださいとのことでした。最初、そこも読まずに、「さあ、春巻きの皮にソースを塗ろう」ってしたときに気づきました。

はがれない、はがれない、はがれない。15分ほど待ってはがそうとしましたが、そうは簡単には、はがれませんでした。はがれないし、破れたらこまるしでイライラしてきました。予定では焼くまで5分ぐらいって思ってたのに、常温に戻す時間もいれて結局30分ほどかかりました。(このスタート時点で今日は疲れ切りました

春巻きの皮が10枚入りだったので、一応全部はがして、4枚だけ先に工程を進めて行きました。その後、あとの6枚もやってしまおうと思ったら、今度はパリパリに乾燥してました。なんか「春巻きの皮」にふりまわされましたよ(こんなことになるなんて)。

 

魚肉ソーセージと大豆もやしの春巻き

春巻きの皮で巻いて焼くだけです(こんな感じで進行するはずだった

材料
  • 春巻きの皮    4枚
  • 魚肉ソーセージ  4本
  • 大豆もやし    1袋
  • ケチャップ    大さじ3
  • マヨネーズ    大さじ1
  • 片栗粉      少々
作り方
  1. 大豆もやしをラップしてレンチン1分半
  2. 春巻きの皮にケチャップ・マヨネーズを合わせたソースを塗る
  3. ②に魚肉ソーセージと大豆もやしをのせて巻く、水で溶いた片栗粉を塗って糊付けをする
  4. フライパンに大さじ1ぐらいの油できつね色に焼く

f:id:sprout09:20180725162939j:plain

もやしをレンチン1分半してキッチンペーパーで水分をふきます。魚肉ソーセージもパッケージ外しました(普段1本食べる時には感じてなかった手間がかかってます

f:id:sprout09:20180725163303j:plain

春巻きの皮にソースを塗って大豆もやしと魚肉ソーセージをのせて巻きます。水溶き片栗粉で巻き終わりを塗りとめます。

f:id:sprout09:20180725163827j:plain

巻きました。結構、ど~んとしていて存在感あります。

f:id:sprout09:20180725164814j:plain

こんな感じで裏も焼きます

f:id:sprout09:20180725165128j:plain

できあがりました

f:id:sprout09:20180725165610j:plain

大豆もやしを入れたので、切るのに大変でした(1本は失敗しました)。私の包丁さばきが悪いのか?安全包丁が悪いのか?大豆もやしが悪いのか?わかりません。(最初のひと言で大豆もやしのせいにしてました・・・

お味はというと、重たくないクリスピー的なアメリカンドッグみたいな感じです。普通に美味しいです。野菜を補うために大豆もやしを一緒に入れることにしましたが、横に添えるだけのほうが良かったようです。味は邪魔はしていませんが、包丁で切りにくい(まだ言ってる・・・)のとそのまま1本かぶりついて食べましたが、一気に食べないといけなくなりました。栄養たっぶりの「大豆もやし」は扱いにくいです。(もちろん春巻きの皮もです

 

今日のおうちごはん

おしながき
  • 魚肉ソーセージと大豆もやしの春巻き
  • お豆腐
  • 万願寺とうがらしと舞茸

f:id:sprout09:20180725170704j:plain

今日もお読みいただいてありがとうございました