だら~んと今日も乾杯ごはん

家にある食材でコスパのいい簡単なヘルシー料理をあーだこーだつぶやきながら作ります。料理に時間をかけないぶん、ごはんをだら~んとゆっくりいただきます。

家でのお気に入りボトル珈琲でのカフェオレはカフェの味

アイス珈琲

最近はもうこの暑さでホット珈琲を飲まなくなってアイス珈琲になりました。ホット珈琲の時は、ドリップしてますが、アイス珈琲は珈琲の粉を買ってドリップする気になれません。たぶん暑いからです。じゃあ、水出し珈琲は?それだとすぐに飲めない、それに水道水でいいのか?やっぱり同じつくるのだったらミネラルウォーターを使うべきか?なんて頭の中でうずまいて、やっぱり億劫になります。

コンビニ珈琲も含めてお店では、ブラックを飲みますが家ではボトルのアイス珈琲を牛乳でわってカフェオレで飲んでいます。ボトル珈琲はブラックで飲むよりもカフェオレのほうが美味しく感じます。牛乳の割る割合によって味が変化するという感じがしてます。私にはいまひとつメーカーごとのボトル珈琲の味わいの差がわからないので、セールになっているものを買っています。

f:id:sprout09:20180708141443j:plain

ところが、このボトル珈琲のカフェオレを作ったら、私でも「いつものカフェオレの味とは違う」って感じたものがありました。

WONDA乳酸菌COFFEE

f:id:sprout09:20180708141914j:plain

4倍希釈のものです。横には1杯200mlの目盛りもついてます。この希釈珈琲をカフェオレにすると違うんです。高級なカフェオレって感じです。飲む瞬間には、ドリップしたばかりの珈琲と同じの香りがします。ボトル珈琲なのにここまで進化できるんだと思いました。乳酸菌は、入ってなくてもどちらでもいいんですが 、何かが入っているという味もクセもありません。

WANDAとBlendyの飲み比べ

ちょっとだけ比べてみます。ブレンディとWANDAの希釈用珈琲をパッケージに書いてあるとおり、おすすめの珈琲と牛乳の割合で作ってみます。

同じ分量100mlのカフェオレを作ってみました。

WANDAは珈琲1:牛乳3(珈琲25ml:牛乳75ml)

ブレンディは珈琲7:牛乳3(珈琲70ml:牛乳30ml)

f:id:sprout09:20180708190649j:plain

 見た目はこんな感じになりました。色?は、ブレンディのほうが濃いです。味は、ブレンディも珈琲感はありますが、水っぽいです。WANDAのほうが濃い、牛乳の味もしっかりします。今まではボトル珈琲でカフェオレならブレンディが美味しいと思ってたのですが、飲み比べるとまったく別ものの感じがします。

それぞれボトル1本でカフェオレを200mlで作ると、WANDAは約10杯、ブレンディは約6杯できる計算になります。でも、お値段はWANDAが2倍強するので、うーんどちらがいいかな???でも、希釈用もなかなか本格的でいいですよ。 

f:id:sprout09:20180708191243j:plain

 

 

今日のおうちごはん

おしながき
  • もやしビーフン炒め
  • 厚揚げのきんぴらごぼうのせ

お肉がなかったので、ビーフンというよりもやしの野菜炒めになってしまいました。厚揚げのうえにきんぴらをのせてトースターで焼きました。

 

f:id:sprout09:20180708144005j:plain

今日もお読みいただいてありがとうございました。