だら~んと今日も乾杯ごはん

ごはんを食べながらだら~んとする時間が至福のひととき。最近ごはん作りに目覚めました。でも、私が作る料理は誰でも作れる「普通のごはん」です。キラキラした素敵な料理は作れません。ごはんを作りながらの事、食べた感想などの雑感を思ったままつぶやきます。

ゆでたまごをおしゃな前菜サラダに簡単アレンジ

たまご

たまごは、良質のたんぱく質と必須アミノ酸が摂取でき栄養価が高くバランスよく含まれている食べものです。含まれていないのは、食物繊維とビタミンCだけです。

野菜と一緒に食べたらいいということなら、野菜サラダのトッピングにたまごは理にかなっていると思います。

たまご料理

たまごは使い勝手もいいです。オムレツ、かに玉、卵焼き、だし巻き卵、目玉焼き、ゆでたまご。あとは、麺類や丼ぶりものになどなどたまご料理はいっぱいです。そのなかでも、ヘルシーに食べるには「ゆでたまご」が最適だと思います。

ゆでたまご

私は筋トレをしているのですが、数年前はすごく頑張っていてので身体づくりのために食事にも気をつけていた時期がありました。栄養計算機で記録もとっていました。その時毎日毎日、旅行もお正月も例外なく食べていたのが「ゆで卵」です。なので、「たかがゆでたまごされどゆでたまご」なのです。

その時のなごりもあって普段は、シンプルにゆでたまごを塩もかけずに食べています。

今回は、ゆでたまごをリメイクしてみます。「なんちゃってかまぼこ」「なんちゃってテリーヌ」みたいな感じになります。ちょっとした前菜のひとつやサラダにのせたりしてもいいと思います。たまごがあれば作れるお気軽メニューです。

 

ゆでたまごのアレンジ

材料
  • たまご3個
  • 塩 少々
  • 砂糖 少々
作り方
  1. ゆで卵をつくる(かたゆで)
  2. 卵を黄身と白身に分けてる
  3. ビニール袋orジップロックにそれぞれわけて入れ、つぶす
  4. お好みの容器にラップをして、つぶした黄身をいれる、そのあと白身をいれる
  5. ラップして、レンジで1分
  6. 粗熱をとり冷蔵庫にいれる

     

 ゆでたまご。半分に切らなくてもいいです。白身と黄身に分けます。f:id:sprout09:20180627145359j:plainビニール袋にそれぞれ黄身と白身を入れます。

黄身のほうに塩、砂糖を入れます。f:id:sprout09:20180627145605j:plainそれぞれもみもみしてつぶします。こんな感じ。f:id:sprout09:20180627145920j:plainラップした容器(私はお茶碗)に黄身、白身の順にいれます。

スプーンでペタペタと押します。f:id:sprout09:20180627150158j:plainラップしてレンチン1分f:id:sprout09:20180627150333j:plain 粗熱をとり冷蔵庫からとりだします。
f:id:sprout09:20180627150534j:plain切ります。切るとなかはこんな感じです。できあがりf:id:sprout09:20180627150641j:plain 前菜ふうに盛り付け。わさびマヨネーズを用意しました。
f:id:sprout09:20180627150741j:plain

今日のおうちごはん

おしながき
  • 焼き鮭
  • きんぴら(惣菜)
  • ひじき煮
  • サラダ(ゆでたまご・ミニトマト・いんげん)

前菜サラダには、わさびマヨネーズをつけましたが、そのままでも、またお好きなドレッシングで。

 

f:id:sprout09:20180627151527j:plain

今日も私のうだうだにお付き合いいただきありがとうございました。