だら~んと今日も乾杯ごはん

ごはんを食べながらだら~んとする時間が至福のひととき。最近ごはん作りに目覚めました。でも、私が作る料理は誰でも作れる「普通のごはん」です。キラキラした素敵な料理は作れません。ごはんを作りながらの事、食べた感想などの雑感を思ったままつぶやきます。

奈良のパワースポット歩き、大神神社と三輪そうめん

大神神社

f:id:sprout09:20180610203108j:plain

大神神社(おおみわたいしゃ)へ行ってきました。奈良では強力なパワースポットです。ここはパワースポットエリアがひろくて、参拝者は多いのに自然のパワーが静寂をつくっています。そして松、杉、ヒノキの大樹の参道からもなんともいえない「気」を感じます。

 大神神社は、三輪山(原始信仰の対象とされている「神の宿る山」)がご神体なので、本殿や本尊を持たない珍しい神社です。何度か訪れていて今さらなのですが、いつもなぜかお供えものとして、「卵」がお供えしてあるのか?不思議でした。「お酒」もお供えしてあるのですが、そこは疑問に持たなかったです。

 巳の神杉(みのかみすぎ)

今回はいつもは素通りしてた、拝殿の前のご神木に偶々今回は近づいてみました。なぜか気になったんです。

f:id:sprout09:20180610203340j:plain

こちらの御神木ですが、「巳の神杉(みのかみすぎ)」というそうです。

樹齢約600年、幹まわり約5m、主幹は地上から5mのところでふたつにわかれています。三輪の大物主大神の化身の白蛇が棲むことから名づけられたご神木でした。なので蛇の好物が卵やお酒だったことから参拝者がお供えされているということでした。

 だからこの御神木だけでなくあちらこちらの大神神社境内では、卵がお供えしてあったのです。ようやく解りました。たまごのパックでお供えされています。

f:id:sprout09:20180610195037j:plain

大美和の社展望台

大美和の社展望台からの眺めです。↓

ここからは大和三山が眺められます。大神神社の大鳥居(高さ32.2m、柱間23m)も、ここならカメラにおさめられます。近くで見ると、すごい迫力があります。

f:id:sprout09:20180610204253j:plain

 

お外ごはん

せっかくの三輪そうめんの産地なので素麵を食べました。

千寿亭 池利三輪素麵茶屋

店内は民芸風で趣があります。広いですが、人気のお店でお待ちの方がおられました。入ったところに待合のスペースがあり、椅子に座っメニューを見ながら待てます。テーブル席です。

f:id:sprout09:20180705190134j:plain

f:id:sprout09:20180705190048j:plain

まわりを見渡すと、単品で食べておられる方が多かったです。たぶん冷やし素麺の天麩羅付きの注文をされてたようです。竹筒がテーブルにのっていたので、たぶんそうかな?勝手な想像ですが、私はお店で素麺を食べるのは初めてなので、ちょっと欲張って、選んで食べたのは「五品素麵」です。

胡麻素麵(椎茸&胡麻豆腐&錦糸卵)・坦坦トマト素麵・梅素麵(大根おろし)・素麵寿司(山かけ)・たまご?にゅう麺(白玉)そんな感じだったような・・・。一番おいしいのが、意外とトマト坦坦素麵でした。創作料理好きの私でも素麵にこの創作の発想はないなぁ・・。

f:id:sprout09:20180610192315j:plain

今日も私のうだうだにお付き合いいただきありがとうございました。