だら~んと今日も乾杯ごはん

ごはんを食べながらだら~んとする時間が至福のひととき。最近ごはん作りに目覚めました。でも、私が作る料理は誰でも作れる「普通のごはん」です。キラキラした素敵な料理は作れません。ごはんを作りながらの事、食べた感想などの雑感を思ったままつぶやきます。

淡路島にあるおすすめ足湯スポット

淡路島

f:id:sprout09:20180603162552j:plain

淡路島に行ってきました。

夏日になりました。

この時期に、「うずしお」を見に行きます。

3~5月は、「うずしお」が旬のときでもあるからです。

(遠すぎて上手く撮れなかった「うずしお」)↓

f:id:sprout09:20180603162301j:plain

うずしお

「うずしお」とは、約6時間ごとに起こる潮の干満で、

鳴門海峡の早い潮流と海底の地形により生じる自然現象です。

地球は自転しているため、1日に満ち潮と引き潮が交互に2回ずつ約6時間の周期で起こるそうです。

こんな勉強とか、子供のころ自由研究でやったような???記憶が・・・かすかにあります。苦手でした。

南あわじ

南あわじの観光スポットといえば、

淡路島と四国をむすぶ「大鳴門橋」であり、

「うずしお」なんですが、私のおすすめのスポットは、

南あわじにある足湯「うずのゆ」です。福良港のそばにあります。

ここからは、うずしおは見えませんが、海のそばで景色がいいです。

f:id:sprout09:20180603154119j:plain

なかは、こんな感じです。↓

結構広くて、テーブルもあって向かい合わせの足湯もできます。

なによりも、気に入ったのは・・・。

海を眺めながら手湯?もしながら、足湯できることです。

ゲルマニウム温浴のスタイルです。

ぬるぬるタイプの無色の温泉で温浴効果もこの暑い日、一日中続いていました。

で、この充実した足湯とっても気にいりました。

f:id:sprout09:20180603160336j:plain

温泉がどんどん湧きだしています。この足湯はきれいです。

f:id:sprout09:20180628172213j:plain

 

もちろん、足湯「うずのゆ」は、私の淡路島お気に入りスポットの

ナンバーワンに輝きました!

「 うずのゆ」から歩いてすぐのところにある山武水産さん。

f:id:sprout09:20180628164557j:plain

お出かけランチ

おしながき
  • 海鮮丼 (たこ・サーモン・甘えび・まぐろ・いか・なましらす)

ネットで色々と調べて高評価なお店。山武水産さんを選びました。私が行ったときは家族連れが一組だけでしたが、そのあと、5分もしないうちに狭い店内が満員になりました。この海鮮丼小さいです。生しらすとタコが美味しかったですが、どうでしょうか?ここに来たから食べれる!というみたいのは不明です。寿司、海鮮丼好きには☆☆ぐらいの辛口評価になります。店主さんはとても愛想のいいかたです。外国のかたも来られてました。英語、中国語圏でないカップルでした。(席が隣でした)こちらもネットで調べてこられた感じで、注文どうされるんだろうと思ってたら、スマホの画面に指を差して注文されてたのが印象的でした。

こんなおしながき↓

f:id:sprout09:20180628171035j:plain

サイドメニューもあります

f:id:sprout09:20180628171122j:plain

今日も私のうだうだにお付き合いいただきありがとうございました。