だら~んと今日も乾杯ごはん

ごはんを食べながらだら~んとする時間が至福のひととき。最近ごはん作りに目覚めました。でも、私が作る料理は誰でも作れる「普通のごはん」です。キラキラした素敵な料理は作れません。ごはんを作りながらの事、食べた感想などの雑感を思ったままつぶやきます。

寿司ブリトーの私流アレンジ

テレビ番組の再現で

先日テレビで見た「寿司ブリトー」っていうものを作ってみました。ちょっと難しそうですが、料理が苦手な私にもできるかなー?(料理苦手なのに変に私でもできる!って思うのです。何でもやりだがりです。)

「寿司ブリトー」とは、アメリカのスターバックスでも発売されて人気となったアメリカ生まれの手巻き寿司です。「ブリトー」とは、小麦粉の皮、トルティーヤで具材を巻いたメキシコの食べ物です。 日本の太巻き寿司とメキシコのブリトーをかけあわしたものがアメリカ発の「寿司ブリトー」と言います。私は、おにぎいらずのお寿司版って思いました。見てる感じでは簡単そうなので、早速作ってみました。

 ご飯は少なめで、具材のボリュームとバリエーションが豊富なのが特徴とのことです。ごはんは、酢飯ではなくそのまま白米で作ります。具材は何でもいいようです。テレビでは、アボカドとかサーモン、ローストビーフ、チーズ、パプリカ炒めたものとかで作ってました。私が今回作るのとはちょっと違います。オシャレでした。

テレビでの味付けは・・・。マヨネーズをポン酢で合わせたものを巻くまえにかけてました。私は、味付けなしで作りましたが、そのほうが日本人向けかもしれません。

 

寿司ブリトー(所要時間10分ほど)

今日は、そんな具材もそろってないのであるもので作りました。

材料
  • 海苔       1枚
  • ごはん      150g
  • たまごサラダ   適量
  • 魚肉ソーセージ  1本
  • チーズ      20g
  • スナップエンドウ 適量 
作り方
  1. 海苔にごはんをうすくのせて、手前に具材を並べます。
  2. 巻きます。まきすは、つかいません。
  3. 斜めに切ります。

ごはんは、もっとうすく、少なめのほうが、巻きやすいです。

たまごサラダは昨晩作ったもので、入れてみました。チーズをいれると、グッとアメリカンな感じがしてきます。

f:id:sprout09:20180512161759j:plain

巻いたらこんな感じにできました。もたもたして、巻くのが遅くなったので海苔が柔らかくなって切りにくくなりました。海苔を最初にあぶったらいいかもしれません。

f:id:sprout09:20180512162646j:plain

洋風巻きずしって感じで、美味しかったです。たまごサラダを入れているので、結構なボリュームもありました。ポン酢・マヨネーズをつけても食べてみましたが、ちょっとひつこいと思いました。チーズも入っているので充分な感じです。また、違う材料で作りたいです。つぎは、やっぱりアボカド・サーモンかマグロをメインで入れてたいと思います。

今日も私のうだうだにお付き合いいただきありがとうございました。