医療系のお仕事を探る中で、救急看護師の仕事をフォーカスしてみたいと思います。皆さんは、救急看護医師の仕事について、何か知っている事柄はありますか?救急看護師は、どのような環境で仕事をしていて、どのような仕事内容を求められているのかなどをリサーチしていきましょう。また、通常の看護と、救急看護師には、異なりはあるのか?など、救急看護師に関する仕事事情を探っていってみましょう。

救急看護師というのは、どこで仕事をしているかご存知ですか?病院、診療所、クリニック、保健所、企業、学校など様々な環境で、看護師さんのお仕事は必要とされています。その中で、救急看護師は、救命救急センターという施設で仕事をしているようです。救命救急センターとは、重篤な患者さんに高度な医療提供を行う、救急医療機関であります。生命に関わりのあるような患者さんが搬入される可能性がほとんどとなるので、一瞬たりとも気の抜けない職場環境となります。救急看護師は、ドクターのアシスタントとして補佐的な役割を果たすだけではなく、緊急事態の中で、チームを組んだ各スタッフとの連携を促すようなマネージマント的な役割も求められる仕事です。そこには、情報を収集し、各部門との連携と共有、患者さんへの処置の流れや処置を行う優先順位などを一瞬で見極めるような瞬発力も必要となってくるでしょう。