高齢者関連施設!

高齢者関連施設周辺に、求人に関する看板や、張り紙が張り出されているのを、最近よく見かける事があります。「看護師 求人」「介護職員 スタッフ募集中」など、多くの現場で人手不足における問題が発生しているのだという事を痛感します。皆さんも、「看護師 求人」サイトをのぞき込む度に、各施設における人手不足が、売り手市場を呼んでいるのだという事を実感しているのではないでしょうか?超高齢化社会を目の前にして、介護施設や高齢者関連施設はどのような看護を必要としているのでしょうか?

デイサービス
基本的には、介護度の低い高齢者が集っている施設になります。施設の規模などにもよりますが、基本看護師の配備は、1名となります。夜勤の勤務がない事が最大の特徴になるかもしれません。利用者様は、高齢者といっても、ある程度身の回りの事が出来る人が多い為、看護師に求められる事は、医療行為というよりは、健康管理、食事の介助、リハビリのサポートなどになります。医療のスキルや技術を維持しながら、キャリアを積みたい看護師さんには、長期的なスタンスでは、おススメできませんが、業務的な負担が比較的少ない事から、子育て中の看護師さんなどに人気のある求人です。

老人ホーム
施設の方向性によって、入居さまの介護度は全く異なります。自ら自立した老後を過ごす人たちの為の施設や、日常生活に見守りなどの介護が必要する高齢者向けの施設、認知症の高齢者専門の施設など、タイプ別に分かれています。施設の区分としては、「民間型」と「公共型」があり、入居者さまにかかる費用の負担が大幅に異なる事がほとんどです。より低価格の「公共型」は、人気の介護施設ですが、入居待ちの期間が長すぎる為、社会的な問題にもなっています。

【民間型】サービス付高齢者住宅、有料老人ホーム、シニア向けマンション、グループホームなど
【公共型】特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、ケアハウスなど

医療現場と異なり、業務の基本は、利用者さまの健康チェックと服薬の管理などが主になります。同じ、高齢者向け施設でも、自立支援型、介護サービス付き、認知症専用など、様々な形態がある為、事前リサーチは詳細確認が必要です。