医療の現場!

病院で働くといっても、そもそも、病院とはどういった職場なのでしょうか?ここでは、下記の3つに分け、医療機関で働くという視点でみていきましょう。

総合病院
担当勤務となるポジションが、外来or病棟によって仕事内容は、大幅に異なってきます。
【外来看護師】カルテ管理、問診、バイタルチェック、医師の指示によって、注射・点滴・採血など
【病棟看護師】シフト交代時の申し送り、ミィーティング、ラウンド、バイタルチェック、配膳、配薬、食事介助、入浴介助、カルテ記録など

診療所、クリニック
入院設備がない施設がほとんどなので、主に、外来のみの業務になります。
カルテ管理、医師の指示によって、バイタルチェック・注射・点滴・採血
医療器具の洗浄、心電図測定、レントゲン画像の現像
受付、電話対応、清掃

医療分野で働く看護師というのは、「総合病院」と「診療所/クリニック」などに分ける事ができます。その基本的な業務内容に変わりはありませんが、診療所やクリニックでは、サポートするスタッフの人数の関係から、受付や電話対応など、幅広い範囲の業務内容が求められるようです。また、入院設備の整った、総合病院などでは、【外来勤務】と、【病棟勤務】に分けて考えてみると、一日の作業内容に大きな違いがみられます。「看護師 求人」などの検索ワードに、自分の好む関連ワードを入力する事は有効だとは思いますが、実際の勤務内容は、面接時などに「看護師 求人」を行っている病院サイドに直接確認する事が良さそうですね。

訪問看護
病院でケアを行うのではなく、利用者の住居で、様々な看護を行っていきます。患者さんの状況によって、求められるものが全く異なるので、幅広いスキルが求められるとも言われています。看護師自身が所属する、訪問看護ステーションから、出社する事が通常となります。主治医の指示に従い、バイタルチェックなどを行い、個々の患者さんに合わせた医療行為や緩和ケア、リハビリなどを行います。点滴、血糖値の測定、インシュリン注射、カテーテル交換、縟創の防止、歩行訓練、嚥下の訓練など、患者さんに合わせた、日常生活に必要な細かいサポートが求められてきます。